タウリンで疲労回復|ドリンクなら気軽に続けられる

お年寄り

野菜不足を解消しよう

シェイク

飲みやすくアレンジ可能

野菜不足を解消するためのドリンクとしては、「青汁」があります。青汁のイメージは、苦い・青臭い・飲みにくいなど好意的に見られていない事も多いようです。その青汁に見た目が似ているドリンクが「グリーンスムージー」です。グリーンスムージーは、生の葉野菜と果物、水をミキサーで混ぜた飲み物で、見た目こそ青汁に似ていますが、果物が入っているため、青汁ほど飲みにくさを感じるということはありません。また、生の野菜や果物がふんだんに使われているため、加熱により失われてしまう栄養素もそのまま摂取することが出来ます。グリーンスムージーは自宅で簡単に作ることが出来るので、好みに合わせて入れるものを調整することが出来るのも人気の理由と言えます。

食事の代わりにも最適

グリーンスムージーは基本的には、1日の内いつ飲んでも構いませんが、食事の代わりに飲むのであれば、朝食がおすすめです。朝、忙しくて朝食を準備することが出来ないという人でも、グリーンスムージーであれば、材料をミキサーに入れるだけですので簡単に用意することが出来ます。最近は、ミキサーの容器がそのままコップになるタイプもあり、そのようなタイプのミキサーを使用することにより洗い物も少なくすることが出来ます。グリーンスムージーの栄養を効率よく吸収するためには、空腹の状態で摂取することが大切です。朝であれば、前の日の夕食から時間が経過しているため、胃に何も入っていない状態で飲むことができ、栄養を吸収することが出来ます。